表示順: 投稿日 | お出かけ時期 | 注目 | 人気
表示形式: 詳細 | 簡易 | 一覧
   

1~10件表示/全15件

アルバムタイプ : 旅行記
お出かけ時期 : 2012年1月28日~2012年1月29日
シート数 : 64枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行
一人分の費用 : 20,000円くらい
移動手段 : マイカー

子連れ家族で冬の飛騨高山まで行ってきました。
私自身は小学校の頃に親に連れて来られてから高山の魅力にはまり、もう何10回も来ています。

高山はキャンプや町の賑わいや食べ歩きを目的に来ていましたので夏ばかりでしたが、まだ子供がいない時に妻と来た冬の高山の雰囲気がとても気に入り、最近は冬に来ることが多くなりました。

子供達も雪遊びが出来て楽しいようです。(笑)

あと以前は無かったのですが、新酒祭りと題して古い街並みの造り酒屋が夜もオープンしていることを今回初めて知りました。
昼と違った幻想的な雰囲気にとても魅了され、これは定番化の可能性が大ですね。(笑)

もう1つの収穫は食事無しのメッチャ安いホテル「AYUN高山セントラルホテル」を見つけたことです。
どのホテルも食事2食付きのプランが多く、高山市内のお店で食べることができません。
ここは食事無しで高山市内の中心部に…。

投稿者 : はね丸 [2016年1月19日]

アルバムタイプ : 体験記(吉島家住宅)
お出かけ時期 : 2012年1月29日
シート数 : 40枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行
一人分の費用 : 500円くらい

高山に来たら是非見学してもらいたい場所のひとつ。
高山名物の古い街並みの真髄を見て感じることができます。

今回入った吉島家住宅と、隣の日下部民芸館のどちらかには入ってもらいたいですね。
飛騨高山観光の中心である三之町からはちょっと外れていますが、充分徒歩圏内です。

私はどちらも何回入ったかわからないほど入っていますが、単なる「見る」だけでなく「空間に浸る」ことを目的にしていますので、飽きることはないです。

投稿者 : はね丸 [2016年1月3日]

アルバムタイプ : 体験記(飛騨高山まちの博物館)
お出かけ時期 : 2012年1月29日
シート数 : 8枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行

飛騨高山まちの博物館は比較的新しい施設で、2011年にオープンしています。
正確には高山市郷土館をリニューアルオープンしたものみたいです。

知ったキッカケは、高山で会話した人が飛騨高山まちの博物館の館長のお父さんで、「息子が関わっている施設なので興味があれば」と教えてもらいました。
どういう理由で会話に至ったかは覚えていないが、旅先で知らない人と話すことはよくあります。(笑)

更にここに行ったことで銀風亭を知ることができました。

投稿者 : はね丸 [2014年12月1日]

アルバムタイプ : 体験記(銀風亭)
お出かけ時期 : 2012年1月29日
シート数 : 11枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行
一人分の費用 : 2,000円くらい

今までは上三之町のお店で食事をとっていたのですが、最近は偶然見つけた「銀風亭」でランチをすることにしています。

見つけた時はちょっとお高いイメージがあったので躊躇しましたが、じーじ・ばーばというパトロンが居ましたので、いざ突撃。(笑)
メインストリートから外れているので店内は静かで、食事もとても美味しかったです。

郷土料理がメインで、ちょっとした料亭っぽいお店です。

投稿者 : はね丸 [2014年11月26日]

アルバムタイプ : 体験記(すずらん土産店)
お出かけ時期 : 2012年1月29日
シート数 : 6枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行
一人分の費用 : 200円くらい

飛騨高山といえば食べ歩きも楽しみの1つ。
その中でも代表格と言えば「ごへいもち」と「みたらしだんご」です。

町中に売っている場所はありますが、焼きたてが食べられるのと安いということで、我家はいつも「すずらん」で食べています。

投稿者 : はね丸 [2014年11月20日]

アルバムタイプ : 体験記(千代保稲荷神社)
お出かけ時期 : 2014年1月5日
シート数 : 19枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行
一人分の費用 : 1,000円くらい

毎年我が家のお正月恒例行事となっている千代保稲荷神社へのお参り。主人が自営業のため、商売繁盛の祈願のために必ず行きたがります。(本当にご利益でているのかな~?)

この千代保稲荷は「おちょぼさん」の愛称で親しまれており、東海地方では規模の割には有名な神社です。参拝の方法、参道でのグルメ、ショッピングが少々特徴ありなのです。私と娘は、参道の方につられてついていっています。

投稿者 : kamomotaro [2014年3月3日]

アルバムタイプ : 体験記(右衛門横町)
お出かけ時期 : 2012年1月29日
シート数 : 8枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行

飛騨高山の宮川朝市を観光しつつ、途中の右衛門横町に入りました。
かなり昔は造り酒屋だった気がしましたが、いつからかショップが集まるミニショッピングモールのようになりました。

右衛門横町には豆菓子専門店の豆吉本舗、飛騨牛カレーや飛騨牛ハンバーグなど、飛騨牛を使った食べ物をメインに扱っている飛騨うまいもん本舗、お箸をメインに、箸置きや茶碗などキッチン用品を扱っている手作り箸工房きっちん遊膳など、楽しいショップが一杯でここだけで結構の時間を過ごすことができます。

またふと上を見上げると、黒い柱の交差する立派な梁が見えます。
和風モダンな店内ですが、こうして見ると昔ながらの造り酒屋がベースなんだな、と感じます。

投稿者 : はね丸 [2014年2月19日]

アルバムタイプ : 体験記(原田酒造場)
お出かけ時期 : 2012年1月28日
シート数 : 4枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行

飛騨高山で夜の古い町並み(上三之町)を散策し、夜間営業している原田酒造場にも立ち寄りました。
先に寄った舩坂酒造店とは違い、原田酒造場は正統派な酒蔵の雰囲気を残しています。

水鉢や囲炉裏など古い町並みに合った和の風情があり、また夜はほとんど人が居ないこともあってとても落ち着いた気分になれます。

投稿者 : はね丸 [2014年2月14日]

アルバムタイプ : 体験記((有)舩坂酒造店)
お出かけ時期 : 2012年1月28日
シート数 : 6枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行

夜の古い町並み「上三之町」を歩いていると、舩坂酒造店まできました。
向かいにある原田酒造共々、普通に店が開いています。
どうもこの時期は新酒祭りらしく、近隣の酒屋は夜間営業をしているようですね。

昼間は何度も訪れていますが、夜に来るのは初めてです。
酒瓶を使ったディスプレイ、キャンドルが灯されたテーブルなど、昼間とは違った雰囲気が新鮮です。

投稿者 : はね丸 [2014年2月12日]

アルバムタイプ : 体験記(飛騨国分寺)
お出かけ時期 : 2012年1月28日
シート数 : 8枚
旅行の形態 : 子連れ家族旅行

夕御飯としてはまだ早いですので、夜の古い町並みでも見学しながら散歩をすることに。
その向かう途中にありました「飛騨国分寺」へ立ち寄ります。

何度か来たことはありますが、今回はなんか様子が変です…。(汗)
こんなんだったかな…と困惑しつつも、どうも節分のための特別なディスプレイのようでした。
季節を感じられる面白い催し物で良いなぁ、と思いつつも、もうちょっとなんとかならんものか…と思うこともあり。(笑)

その他にもすっごい格好をしたさるぼぼや三重塔、樹齢推定1250年の大イチョウ、鐘楼門などを鑑賞しました。

投稿者 : はね丸 [2014年2月10日]